農業

特定技能
【特定技能】在留期限が「無期限」に。 農業など13事業分野で

11月17日の日本経済新聞の記事で、2019年4月に施設された人手不足対策の在留資格「特定技能」外国人の在留期限が2022年より無期限になる模様です。

続きを読む
インターンシップ
【インターンシップ】海外インターンシップセミナーを開催

今月より開始しております2022 年の海外大学生のインターンシップ、サマージョブセミナー。 10月13日(水)を皮切りに、全6ヵ国、10大学にて実施を予定しています。 その第1回目は、タイ王国のバンコクにある、国立大学の日本語学科で10月13日に開催しました。

続きを読む
ニュース
【ニュース】2020年の農業就業者160万人、5年で48万人も減少

農業就業者数が、5年で48万人減少しています。年間約10万人の減少。 その中で、主な仕事が農業の「基幹的農業従事者数」が、48万人の中の39万4000人減っています。 つまり約8万人/年の農業従事者が減少しており、このままでは、2026年には100万人を割り、2030年に140万人をキープするという政府目標は達成が不可能となります。 特定技能「農業」の従事希望者の確保をさらに強化するため、各国と連携をとりながら今まで以上に進めていきたいと思います。

続きを読む
特定技能
【特定技能】農閑期は帰国ができる農業法人で4名内定

特定技能「農業」希望者と北海道の農業法人様と、オンライン面接を実施しました。北海道は積雪があるため、冬季は農閑期となります。 今回の応募者は、農閑期に一時帰国し、翌年、再入国をするという形での応募者です。

続きを読む
インターンシップ
【インターンシップ】農学部生の新規受入に関するオンラインミーティング

緊急事態宣言も解除の方向で進んでおりますが、インドネシアの新規大学より、農学部生の日本でのインターンシップの受入に関して、オンラインミーティングを実施しました。

続きを読む
特定技能
【特定技能】農閑期は帰国?季節労働に関する調査結果について

特定技能外国人の受入の特徴として、滞在期間中に母国に帰国が可能です。 それで、今回インドネシアを対象に、1年のうち一定期間、日本で勤務し、残りをインドネシアで暮らし、また再入国をするという新しいワークスタイルに関する調査をしました。

続きを読む
特定技能
【特定技能】入国制限直前でミャンマー、ベトナムの9人が来日しました

2020年3月からの新型コロナ感染症拡大による国際的な往来が禁止され、入国が延期されていたベトナム4名、ミャンマー5名がギリギリのタイミングで入国をしました。

続きを読む
特定技能
【特定技能】インドネシアオンラインセミナーを開催しました

11月21日土曜日に、定例の特定技能セミナーをインドネシアの方々向けに実施しました。 インドネシアは新型コロナウイルスの感染拡大の影響でジャカルタ等の大都市では大規模な社会活動制限がされている中、約30名が参加しました。

続きを読む
特定技能
【特定技能】農業希望者が意外に多い?特定技能セミナー&面談(インドネシア)

2021年の入国を目指し、インドネシアの来日希望者に対し、2019年に新設された在留資格「特定技能」の制度の内容、雇用条件、入国までの流れなど、予備知識として知っておくべきことをセミナーで説明し、その後、個別に面談をいたしました。

続きを読む
特定技能
【特定技能】ミャンマーでの事前説明会を実施しました

7月8日、ミャンマーのヤンゴンにて、今週末にzoomで面接会を行う北海道の企業の事前説明会を実施しました。

続きを読む