外国人採用の

アストミルコープ

帰国困難者の就労支援を実施しております

この度、新型コロナ感染症拡大に伴い、帰国もできず、仕事にも付けず、雇い止めや内定切りにあったり、在留期間が終了し、帰国を待っている状況など、「帰国困難者」を対象とした在留資格変更手続き、並びに就労支援を実施しております。

 これら帰国困難者の受け入れを希望される企業・団体とのマッチングを進めておりますので、ご要望ありましたら、ご連絡いただければと思います。

外国人採用支援サービス

2019年4月に日本政府が初めて人材不足の特定産業分野で労働者として雇用が可能な「特定技能」ビザが新設されました。アストミルコープでは、特定技能「登録支援機関」として、これまで蓄積したノウハウと経験をもとに、元技能実習生を中心に即戦力となる人財の採用と受け入れ支援を行なっております。

将来日本で働きたいと希望する海外在住大学生に在学中でのインターンシップが人気です。アストミルコープでは、台湾、ベトナム、タイ、インドネシア、ポーランド、ハンガリー、ロシアなどの大学と提携し、受け入れを支援しています。


「技術者」や「通訳」「営業・マーケティング」など、国籍以外は日本人と同等の在留資格「技術・人文知識・国際業務」を持つ人財を、募集から面接、採用後のフォローアップまで、一貫して丁寧にサポートします。

 

日本が26カ国(2020年7月現在)と協定締結している「ワーキングホリデービザ」では最長1年間の滞在が可能。「外国人採用を試行的に行ってみたい」という企業なら、これらの制度を活用するのも一つの方法です。当社は同ビザ保持者の受け入れ支援にも豊富な実績があります。


− アストミルコープはここが違います −

日本語能力、必要なスキルを事前に選定し、ビザ手続、来日前教育、入社後のフォローまでワンストップでサポートします。

製造業、宿泊業、農業など、特に少子高齢化が進んでいる採用難エリアの中小企業の採用で実績が豊富です。

親日国出身の候補者

長期勤務希望の親日国の優れた人材を集めるため、各国の大学や日本語学校と連携し、候補者を紹介しています。

成功報酬制度

成功報酬制で貴社に代わり各国で公募を行い、事前に選考し、貴社を志望する候補者を複数ご紹介します。

 


− 外国籍人材採用に成功するためのポイント −


就労ビザ

  • 就労ビザ
  • 技能実習とインターンシップの違い
  • 採用の流れ
  • 特定技能とは
  • よくある質問