【特定技能】インドネシア介護就職希望者向け説明会を開催

東南アジア最多人口を誇るインドネシア。

弊社がインドネシアの方々の就職支援を介したのが2014年。そろそろ8年目に突入します。

2019年に新設された在留資格の「特定技能」において、インドネシア政府は、送り出し機関を介さないスキームを作ったことにより、より公平で公正な海外勤務が可能になりました。

2022年年初の活動として、特定技能「介護」に関する説明会を開催しました。

インドネシアは、世界最大のイスラム教徒国で、人口2億7000万人の約80%、約2億2000万人がイスラム教徒です。

日本では、イスラム教徒に馴染みが薄いため、報道などで、「イスラム国」や「アルカイダ」など、好戦的な人種のように、誤解されやすいことも多いのですが、実際は弱い者に優しく、年上を敬うという利他主義で献身的な支援を好むキャラクターの方が多いです。

今回、オンラインセミナーでは、日本の雇用環境、一般的な労働条件、事前に確認すべき条件や面接時の注意事項などを説明しました。

約70名の参加者のうち、入国を待っている内定者も参加していただき、活発な意見や質問を交わすことができました。

日本企業も徐々にインドネシアに注目する時期が来るように思います。

介護勤務希望者向けオンラインセミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。