【ビザ・在留資格関連】外国人新規入国に関する手続きについて

2月17日に発表されました新しい水際対策で、3月1日より入国が緩和されることになりました。

これを受け、2020年1月以降に、在留資格認定証明書を取得した外国人の入国が可能となります。

入国に際し、雇用主の手続きが必要となりますので、ご対応をお願いいたします。

特に申請に対するIDの発行には、1−2日かかるようですので、早急にご対応いただければと思います。

<概要>

・前回のような所管官庁の審査は行わない。

 申請書類も簡素化。

・受入責任者が、入国者健康確認システム(略称:ERFS)にて、入国申請を行う。

 入国者健康確認システム(ERFS)

・受入責任者はERFSでIDを取得し、申請を行う。

 (IDの発行に1〜2日かかるとのこと)

 外国人新規入国オンライン申請のためのログインID申請サイト

・ERFSにおいて、受入企業・団体が、必要事項と制約事項に同意することにより、即時、電子で「受付済証」が交付される。

 入国者健康確認システム

・前回(2021年10−11月)に申請した者についても、改めて申請が必要となります。

コメント

コメントする

目次