03-3443-1531 メールでのお問い合わせ

カテゴリ:携帯

ベトナム政府にIT産業の政策提言をします

あけましておめでとうございます。 本年も引き続きよろしくお願い申し上げます。 2010年が”あっ”という間に過ぎ去り、2011年の幕があけました。 2011年は巷では”変化の年”だという方が多いようで、私にとっても大きな変化の年になるだろうと思っています。…

続きを読む

ベトナムモバイルSNS、発展兆し

日本ではモバイルでのSNS(ソーシャルネットワークサービス)を利用している方はある意味普通であるが、後進国では「まだまだこれから」というイメージを持っている方は少なくないと思う。 しかし、アジア4カ国(中国、インド、韓国、タイ)で行った2009年末の調査(IDG)によると、SNSにアクセスするために携帯電話を利用する人は、実はPC経由よりも多い。…

続きを読む

3Gで人気のサービスとは?

09年10月、Vinafoneを皮切りに、12月にMobifone、10年3月にViettelが3Gサービスを開始した。 現時点では、3Gユーザーは、Vinafone700万、Mobifone600万、Viettelが100万と計1400万件。 全体の10%強というところだ。 今後はキャリア(オペレータ)間での競争もかなり激しくなってくることが予想される。…

続きを読む

S-foneの今後の行方

10/12、Vinafoneの3Gサービス開始を皮切りに、Mobifone、Viettel、Vietnamobileとサービス開始が今後続くわけだが、2005年から3Gサービスを手がけていたS-foneは3Gライセンスを提供されないままになっている。 もう忘れ去られた存在に近いのか、という状況だがサービスはまだ提供されている。 このS-fone、韓国のSK TelecomとSai Gon…

続きを読む

今後の消費決定権を握るのは10代?

最近、大学生と接する機会が増え、彼らの趣味やトレンドなど、若年層の感覚が以前とは変ってきたように思うことが多くなった。 携帯電話もiPhoneやBlackberryなどのスマートフォンで、Facebookに頻繁にアップデードしてたり、情報交換もかなり親密にリアルとバーチャルのコミュニケーションをしているようだ。…

続きを読む

携帯電話契約数、ほぼ1億件に!

確か、今年の春、携帯電話の契約数がベトナムの総人口(8600万人)に迫る8000万件を超えたということを伝えたばかりだが、どうも1億に迫る状況に急増しているらしい。 情報通信省の発表によると、現在ベトナムの電話契約件数は1億1,000万件に達しており、そのうち携帯電話が87.9%を占めているとのこと。 単純計算をすると、9669万件。…

続きを読む

3G化で携帯市場が2分化

ベトナムの携帯電話市場が、3G化によって端末市場に大きな変化が生まれている。 来月(10月)よりVinaPhoneがサービスを開始予定で、Mobifone、Viettel、Vietnamobileも20年4月までにサービスが開始される予定だ。この影響で端末市場が徐々に変化している。…

続きを読む

ベトナム版 ホワイトプラン?

基本料月々980円。Softbankのホワイトプランはこの低価格でユーザーを大きくひきつけた。この現象がベトナムでも起きている。 国防省傘下のViettelが月々30,000VND(約160円)の定額プランを提供。 その名も SUMO SIM。 なぜSUMOなのかはよくわからないが、ベトナム人の知人は 「たぶん相撲取りは大きいから、大サービスという意味ではないかと思う」と言っていた。 ※Nile…

続きを読む

急成長のベトナムSNS

日本では、PCはmixi、gree、Mobileだとモバゲータウンなど、一般的に認知されているSNS。 ベトナムはというと、実はかなりの勢いで成長している。 この実態が、レポートされていたので報告する。  ベトナムのSNS利用者の最大の特徴は、年齢層が低い点。 世界平均で13~15歳の利用者は3.5%しかいないが、ベトナムでは24.7%を占める。…

続きを読む

ベトナムがICT成長率、世界トップ10に!

ベトナムがインターネット・通信分野が、早いスピード成長していると、国際電気通信連合(ITU)が発表した。…

続きを読む