【ニュース】デジタル庁、入国時の手続きを簡素化するサービスを開始

税関申告書などオンラインで登録する『Visit Japan Webサービス』

Visit Japan WebのTop画面

オミクロン株がなければ、もっと報道されていたと思われるサービスをデジタル庁が開始しました。

2021年12月20日にデジタル版ワクチンパスポートである『新型コロナワクチンアプリ』をスタートさせましたが、さらに同日、海外からの入国に際して手続きをデジタル化する取り組み『visit Japan Webサービス』も開始しました。

このサービスは税関や出入国管理、検疫所をデジタル化して、書面での入国審査を省略するためのプラットフォームです。外国人旅行者のほか、日本人や在留資格のある外国人など海外から入国する全ての人を対象としており、オミクロン株の発生がなかったら、かなり大々的に公表されたものだったと思います。

新型コロナウイルス感染症のリスクを減らし、空港スタッフの人員不足に対応する狙いがあり、『新型コロナワクチンアプリ』はスマートフォンアプリでしか利用できないのと違って、これはウェブブラウザーからも使えます。

emailアドレスでアカウントを作成し、事前に氏名や生年月日、パスポート番号に加え、出発前72時間以内の新型コロナウイルス感染症の陰性証明を登録することが義務付けられています。

事前に登録することで、外国人の入国時に必要な書類を全て、紙媒体の代わりにアップロードすることもできます。

最後に、入国カードや入国審査書や税関申告書などのオンラインフォームも事前に登録できるので、日本到着後にはログインして「QRコード」を入国審査時に提示するだけ。かなりの混雑が解消されると思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です