【ニュース】国産初、塩野義がコロナワクチン最終治験をベトナムで開始

 @niftyニュースによりますと、塩野義製薬は27日、開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、ベトナムで最終段階の臨床試験(治験)を始めたと発表した。国産のコロナワクチンは、第一三共やKMバイオロジクス(熊本市)なども開発を進めているが、治験が最終段階に入るのは初めて。国内外での治験結果を踏まえ、来年3月までの供給開始を目指す。

 ベトナムでは最大1万例を対象に、発症予防効果を評価する。今後フィリピンなど東南アジアでも治験を進め、計5万例程度のデータを集める計画だ。国内では来年1月から、承認済みの他社製ワクチンと性能を比較し、有効性を調べる新たな治験を始める。

 塩野義は3000万人分以上の供給体制を整えるとしている。国内外での治験を通して、いち早く実用化にこぎ着けたい考えだ。
 国内で承認された新型コロナワクチンは、米ファイザーと米モデルナ、英アストラゼネカでいずれも海外製のため、安定供給に向けた国産ワクチンへの期待が高まっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です