【特定技能】インドネシア介護職の職場訪問をしました

2022年3月の水際対策緩和後に入国された特定技能のインドネシア介護職の職場に訪問してきました。

既に勤務を開始して3ヶ月。仕事内容や生活にも慣れてきたタイミングで、何か不便や困ったことがないかなど、直接話を伺いました。

特別養護老人ホーム、介護小規模多機能ホームの2施設で、それぞれ、男性2名、女性2名の計4名が日本人の職員の方々と一緒に勤務をされています。

職員の方に伺うと、最初はインドネシア介護職の方を受け入れるにあたり、当然ですが戸惑いや不安もあったようですが、意外と日本語が通じたので、大きなトラブルはなかったとおっしゃってました。

一方、インドネシア介護職の4人は、周りの職員の方々は親身に指導していただけるので、仕事内容も早く覚えることができて、徐々に自信も出てきたとおっしゃってました。

施設利用者の方々も、楽しく会話をしてくれるようで、日本語の単語や方言を教えて頂き、楽しく仕事ができているみたいでした。

まだ3ヶ月ですが、このまま技術や知識を得て、国家資格「介護福祉士」の取得を目指して頑張ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。