【ビザ・在留資格】就労が可能。在留ミャンマー人の特別在留許可に関して

2021年2月1日、国軍によるクーデターが発生したミャンマー。
国軍・警察の発砲等による一般市民の死亡・負傷事案が発生したり、一部の市民が武装化し、山間部や国境付近で国軍と戦っている状況です。

このような政治情勢が不透明な状況下、日本政府では、4月15日からミャンマーにおける情勢不安を理由に、在留を希望するミャンマー人に対し、緊急避難措置として、在留や就労を認めることとしました。

技能実習や特定技能など、在留期限が迫っている在留者に対して、特定技能への在留資格変更を目的として、「特定活動(1年・就労可)」(特定産業分野(介護・農業等の14分野)で就労可)を認めます。

また留学生など就労資格がない人に対しては、週28時間以内の就労を認める在留資格「特定活動」を付与することとなりました。

出入国在留管理庁より引用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。