特定技能(2019年4月新設)


新たな在留資格「特定技能」が新設される

政府は出入国管理法を改正し、2019年4月から、一定の技能や日本語能力があることを条件に外国人の就労を可能にする、新たな在留資格「特定技能」が設置されました。単純労働での外国人の受け入れは初めてです。

「特定技能」には比較的簡単な作業を担う「特定技能1号」と、1号を経て技能試験に合格すると与えられる「特定技能2号」があります。

1号の対象は、農業、介護、外食、建設など、人手不足が深刻な14業種となっています。

出入国在留管理庁への届出が必須です

人手不足に悩むさまざまな業界で期待が高まっている「特定技能」制度ですが、都市圏への集中の回避、繁閑による勤務形態などの対応のほか、技能試験や日本語能力判定テストの内容、さらには送り出し国における日本語試験の実施や悪質ブローカーの排除など、これから対策を講じていることも多いため、まだ未確定要素が多いです。

このほか、受け入れを実施するためには、外国人との「適切な雇用契約の締結」「受入体制整備」「受入計画立案」など、出入国在留管理庁への各種届出が必要で、その提出書類の数は70種類以上もあり、安定的に運用できるようになるには時間がかかりそうです。

環境の変化に柔軟に対応し、貴社にとって最適な手法を提案

「特定技能」制度のほかに「技能実習」という制度もあります。

技能実習法では「技能実習は、労働力の需給の調整の手段として行われてはならない」とされていますが、実際には多くの実習生が単純労働に従事し、失踪事件なども起きています。課題も多く制度そのものの見直しも検討されています。

アストミルコープでは、これらの施策についての最新の動向を把握し、情報を提供するとともに、これまで蓄積したノウハウをもとに、貴社にとって最適な外国人活用、採用のあり方をご提案します。

資料請求・お問い合わせ


資料請求・お問い合わせは以下のフォームからお送りくださいませ。

メモ: * は入力必須項目です