就労ビザ取得者受入の流れに関して

入国までの貴社のアクションは

「動画選考」→「雇用条件明示書作成」→「入管への申請」の3ステップだけ。

インタビュー動画で候補者を抽出

 日本勤務を希望者の事前インタビュー動画(インターネット動画)を確認いただき、候補者を決定していただきます。動画は一人当り約10分で、日本語能力、志望動機、将来のキャリアステップ、希望条件などを確認いただきます。

弊社は毎日、新規希望者と事前にインタビューをしており、弊社基準に合格した候補者の動画のみご提供しております。


※ プライバシー保護のためモザイク加工をしてあります。

インタビュー動画で候補者を抽出

事前に貴社の雇用条件を伺い、雇用条件明示書を作成します。その後、候補者に対し、貴社の雇用条件明示書を提示し、応募希望かどうかを打診します。

打診後、候補者が了承すると、署名された内定承諾書を回収し、雇用契約が締結されます。直接、インタビューを希望される場合は、SKYPEか電話によるインタビューを設定いたします。

雇用条件明示書一例

※クリックで拡大します。


入国管理局に申請書提出

内定承諾後、就労ビザ(在留資格認定証明書)の発行申請書類を弊社顧問契約の行政書士が対応致します。

提出後、追加資料の依頼がある場合も弊社顧問行政書士が対応致します。

※ プライバシー保護のためモザイク加工をしてあります。