光回線 最適化及び遠隔常時監視コーディネート

<サービス内容>

繰り返し行われる配線工事を減らすことが可能で、サーバー増設も今までより短期間で行うことができる遠隔監視昨日つきモジュール搭載の集線キャビネットの設置サービスです。

<メリット>

・サービス提供日数の短縮化

現在配線ルート設計から開通までは約5日かかるのが当たり前ですが、設計から開通までを約1日で終了させることができます。


・配線工事費用削減



・空調効率の向上による電力量削減

繰り返しこな割れる配線工事により床下がケーブルで埋まり空調効率が低下していましたが、多芯ケーブル(MPO等)の利用により先行配線で空調効率を改善することができ、結果電力量削減が可能になります。


・遠隔常時監視の可能

現地確認+遠隔監視により、障害発生箇所の早期発見、人員コストの削減、施工性・保守性が向上します。


<遠隔監視制御機能の特徴>

遠隔地からの常時監視・制御が可能になり、接続・抜去の指示が可能になります。

またコネクタの接続状況に異常があるとLEDの色が変わるので瞬時に異常を発見することができます。

 

またLEDの信号は瞬時にサーバへ送信され、データベースにも反映されます。