1日目。
9:00に日本企業のお客様と、パートナー企業であるIT企業にミーティングで訪問。
プロジェクトの進行状況の確認、新規プロジェクトのスケジュール確認などを行う。

終了後、今回急遽お願いしている通訳の方と打ち合わせを行い、ホーチミン国家大学のソフトウエア開発センターに向かう。
ホーチミンの中心地から車で約40分。迷いながらも到着。
しかしながら、アポイント先であるIT学部長に会えずキャンセル。
翌日に変更となる。

このようなケースはよくあることで、ベトナムでは行政や大学などのお偉い方は、普通にアポイントをキャンセルする。
何とかしていただきたいものであるが、ベトナムの習慣なのでしようがない。

と言うことで、少し見学をしてから帰ることにした。

ホテルに戻り、通訳の方と再度ミーティング。
翌日のアポイントの設定などを行う。
事務作業を済ませ、20:00頃に日本料理屋で食事をし、終了。

2日目。
9:00にあるクライアントの依頼で、ホーチミン建築大学に伺う。
事務局の方とミーティングを行い、校内を見学。

その後、協力先である労働省傘下の国営企業にてミーティング。
次はランチミーティング。
日本の方よりご紹介いただいたアメリカ人で、ホーチミンにてITアウトソーシングサービスを展開している。
社長は37歳でニューヨーク出身。アメリカ人とベトナム人のハーフ。
ビジネスの話では、どのような形で日本企業と接点を作れるかどうかを話し合う。つたない英語ながら、感謝していただいた。

最後に、昨日アポキャンだったホーチミン国家大学に再訪問。
昨日の場所とは異なり、市内3区にてミーティング。
学長、副学長、教授、2名のアシスタントと総勢5名に対して、日本語IT教育に関するミーティング。
弊社の活動、今後の展開に関して意見をいただき、弊社の活動に関して協力いただくことで終了。

ホテルに戻り、翌日のアポイントの確認、事務作業などを済ませ、19:30に終了。

ベンタイン市場のナイトマーケットの屋台で食事を済ませて、一日の疲れを癒す。