カテゴリ:インバウンド



前回に続き外国人が日本に来る手段についてですが、前回は空のルートである航空関連での課題を記載しましたが、今回は海のルートで最近増加傾向にあるクルーズ船について報告します。

2015年の1年間に日本を訪れた外国人旅行者が1900万人を超え、過去最高を更新しましたが、今後さらに多くの外国人旅行者を迎えるためには、様々な課題に日本政府は対応する必要がありそうです。まずは外国人が日本に来る手段としてメインで使うと思われる航空関連の課題についてです。 ■空港の問題...

東京にもたくさんの外国人が観光で訪れますが、彼らはどこへ行き、なにをするのでしょうか? 東京都が9月に公表した「平成26年度国別外国人旅行者行動特性調査報告書」の「訪都中に行った活動(複数回答)」によると、「日本食を楽しむ」「ショッピング」「街歩き」が上位三位でした。...

先日、「明日の日本を支える観光ビジョン構想会議」の初会合が開かれました。2020年までに2000万人の外国人を誘致するという目標がありましたが、観光庁によると今年の訪日外国人の数は、11月までに1829万人に達し、年末には1900万人に届く勢いだと言われています。...

円安、ビザ緩和等の影響もあり、2013年度の日本への外国人観光客は1000万人を突破しました。さらに2020年の東京オリンピックの開催が決定したこともあり、日本国内での観光産業での外国人観光客の受入れ(インバウンド)に関する意識が非常に高まっています。...