出張時、特に近距離の場合は、街中の交差点や市場、ショッピングモール前にいる「バイクタクシー」を使う。

バイクタクシーとは、その名のとおり、バイクの運転手の後ろに乗るもので、大体1万ドン(約70円)ぐらい。
ベトナム語では「Xe Om(セ オム)」。

メーターはないので、すべて事前交渉である。
最大2名ぐらいまでは乗れる(男3人だと少々暑苦しいが、まあ乗れない事もない)。

事前交渉し、料金を決め、そして乗せてもらい、到着したらお金を渡す。
もちろん、領収書などない。

このバイクタクシー、認可制でもなく、バイクという資産を有効活用したい人のアルバイトみたいなもの。

ハノイやホーチミン市では、路上のいたるところで「TAXI?」と大きく手を上げて、勝手に、というか強引によってくる。
どこに行っても声をかけてくるので、少々迷惑なこともある。

しかしこんな状況の中、バイクタクシーの「配車サービス」ができたらしい。

Nguoi Lao Dong紙(6月23日)によると、
「ハノイ市のHavina社はバイクタクシーの配車サービスを開始。電話番号5626262から配車を依頼でき、現在は40名以上のドライバーが所属している」
らしい。
個人的には「こんなサービスいるの?」と、少々不思議に思う。
それと、この配車サービス会社のビジネスモデルが見えない。
そんなに儲かるはずないし、いたるところで拾えるのだから。

何かもっと裏においしい金脈があるのかもしれない。